まんてんグループ  
    サイトマップ   お問い合わせ
 
まんてんひろば イベントブログ 社員の声 社員の声
  社員の声

現所属 : ケアハウスまんてん垂水
計画作成担当者(ケアマネジャー)
斉藤 朱美

私がケアマネジャーの資格を取得したきっかけは、介護保険制度のことやサービスの利用の仕方さえもご存じないご高齢者、ご家族の方に、分かりやすく説明して差し上げられたらと思ったからです。微力ではありますが、お力になれたらと思っています。ケアハウスまんてん垂水では、ご入居者様が望まれる生活を送って頂けるように、介護計画を作成させて頂きます。
介護計画は、ご入居者様、ご家族様と一緒に考えながら、できるだけ今までの日常生活を再現できるようなものにしたいと考えています。その方らしさを尊重し、安心して自由に暮らして頂ける様に支援させて頂きます。ケアマネジャーとして、ご入居者様、ご家族様にご信頼いただけるような存在でありたいと思っております。
  斉藤 朱美


現所属 : 小規模多機能型ホームおの南
介護主任
堀井 康弘

私は平成23年9月にまんてん堂に入社しました。入社のきっかけは、デイサービスセンター新長田に見学に訪れた時、利用者様がとても良い笑顔をされていたのと、まんてん堂の介護理念が介護職未経験だった私の心に響いたからです。
しかし入社して現場に入り仕事をしていくと、分からない事だらけで失敗の連続でした。そのたびに先輩職員の方々には何度も迷惑をかけてしまい、正直に言うと、「私には介護の仕事は向いていないんじゃないか」「利用者様、先輩職員の方々の役に立っていないんじゃないか」と悩んだことも何度もありました。その時いち早くそれに気づいて下さった上司、先輩職員の方々に相談に乗っていただき、今度新規に開設するたるみ神陵台でがんばってみないかと声を掛けてくださいました。
そして平成24年1月にたるみ神陵台のオープニングスタッフとして異動し、一からのスタートを切りました。私が失敗してもそれを責めることなく、「はじめは出来なくて当たり前、その失敗を次に生かせればいいんだよ」と先輩や上司が優しく励ましてくださったり、利用者様には最初はお声掛けさせて頂いても、なかなか心を通わす事が出来なかったのですが、ご不安に思われている事に対し関わり寄り添っていく事で「あなたなら安心できる」と言われ「また頑張ろう!」という気持ちになることができました。失敗した事に対して上司や先輩はすべて教えてくださるのではなく、自分で「なぜいけなかったのか?」、「なぜ失敗につながったのか?」 という事を考えられるような声掛けをしてくださり、いつも「なぜ?どうして?」と考えながら行動する事が出来るようになったと思います。
これから色々な事があると思いますが先輩職員の方々と共に、利用者様の事を第一に考え、利用者様・職員の笑顔が絶えない職場にしていくように頑張っていきたいと思います。
  堀井 康弘


現所属 : グループホームあかし野々池
副ホーム長
下良 めぐみ

まんてん堂では、入社してから6年の間に私に多くの「学びの機会」を与えてくれました。
1年目、本社での研修、どんなに小さな質問にも丁寧に答えて下さる先輩、私の立場にたって考えて下さる優しい管理者の下でケアの心得を教わりました。
2年目、教える側になることが成長に繋がると、後輩の指導係をさせて頂きそこでチームケアの大切さと自分自身の役割を再認識しました。
3年目、認知症実践者研修を受講させて頂き、認知症の方の生活を支援する時に必要な視点を広げ、知識を深めることができました。また、ターミナルケアに携わることで命の尊さ、儚さ、一日の大切さについて考えました。
4年目、オープニングスタッフとして、計画作成担当者補佐の役職に就かせて頂き、これまで以上にご利用者様、ご家族様や地域の方と関わることが増え、仕事に更にやり甲斐を感じることができました。
5年目、別施設のオープニングスタッフとして様々な事例を経験し、ご利用者様やご家族様のニーズに応えることで喜びを感じつつ、自立支援のあり方についても深く考える場を持ちました。
そして6年目となった今、管理者という大役を仰せつかりました。
私はこれまでご縁のあった方々からたくさんのことを教えて頂きました。これからもこの「学び」の気持ちを忘れることなく、ご利用者様、ご家族様、地域の方々、一緒に働くスタッフ、一人一人の声に耳を傾け、まんてん堂が大切にしている「笑顔」を皆と分かち合うことのできるスタッフでありたいと思います。
  下良 めぐみ


現所属 : グループホームひょうご須佐野
計画作成担当者
永桶 莉子

私がヘルパーになろうと考えた頃は、日本語や和食を作ることもあまり出来ませんでした。私が日本の母と慕う方に介護の仕事を勧められ、ヘルパー2級の資格を取りにいったのがこの仕事に就くきっかけでした。そしてヘルパー2級の実習先施設で声をかけられ、パート社員として特別養護老人ホームで2年間働きました。特別養護老人ホームでは身体介護が多かったために、食事、入浴、排泄介助などをしっかり学ぶ事ができました。その後、まんてん堂グループホームひょうご湊のオープニングスタッフ募集の広告を見つけ、初めは外国人の私には正社員は無理だろうと思っていました。勇気を出して応募したところ、正社員として採用されました。感謝の気持ちで一杯になり、この会社で定年まで働こうと思いました。
介護の仕事をして3年が過ぎ、介護福祉士も取得する事ができました。試験に合格した時に誰よりも喜んでくれた「日本の母」が、昨年大腸がんで他界しました。闘病中、わずかながらでも看病ができ、アドバイスをすることができました。このようなこともあり、介護の仕事に携わっていてよかったなと思いました。それと同時にもう少し何か他にも力になれたのではと後悔することもありました。その頃、まんてん堂ホームヘルパーセンター新長田の異動の話があり、訪問介護の仕事にもチャレンジしてみたいと思いました。
訪問介護の仕事は施設とは違い、利用者様と接する時間が限られていますが、一対一で向き合える事ができ、今までとは違うやりがいを感じています。気さくなセンター長や先輩職員の温かいご指導に居心地の良さも感じています。いろいろと相談に乗ってもらい、チームケアの良さも実感しています。悪天候の時は移動が大変ですが、待ってくださっている利用者様のことを思うと辛いとは思いません。利用者様の何気ない「ありがとう」や「今日のご飯おいしかったわ。また来てね」という感謝の言葉が支えになり、何にも変えられない嬉しさがあります。これからも仲間と共に質の高いサービスを目指して頑張っていきたいと思っています。
  永桶 莉子


採用担当者メッセージ   採用情報・検索一覧

 
サイトポリシー   プライバシーポリシー   このページのトップへ

Copyright (c) MANTEN GROUP All Rights Reserved.